カルシウムの過剰摂取による副作用

カルシウムの過剰摂取

身長を伸ばすためのサプリメントには
やはりカルシウムがメインで含まれているものがほとんどです。

カルシウムそのものは普段の食事から過剰摂取になることはなく、
そもそも過剰に摂取した分のカルシウムは体外に排出されるように
できているそうで、カルシウムだけを多く摂っても体に悪影響は
与えません。

しかし、身長を伸ばすためのサプリメントには
カルシウム以外の成分も含まれている場合が多く、
中でもカルシウムの吸収を促進するビタミンDが含まれているものは
注意が必要です。

ビタミンDが過剰摂取の状態になると高カルシウム血症になることが
あり、ビタミンDの過剰摂取によって下痢や脱水症状、血管や肺、
腎臓などにカルシウムが沈着する可能性があります。

そしてカルシウムが過剰摂取状態になると
高血圧や動脈硬化等、血管に不具合を生じさせた利、
腎臓障害、泌尿器系の結石につながったりします。

また鉄やマグネシウム、亜鉛等の吸収を妨げてしまうそうなので、
サプリメントによるカルシウム、ビタミンDの過剰摂取には
気を付けなければいけません。

とはいえサプリメントの用法、用量を守って摂取する分には
副作用や過剰摂取につながることはまずありませんので、
身長を伸ばすことをあきらめる必要はありません。

きめられた用量を守って毎日続けるのが
身長を伸ばす効果を十分に発揮するコツです。